⇒お金をかけず、自分で簡単に確定申告をしちゃいましょう♪

確定申告 副業

副業とは、本業以外の収入が発生する仕事を指します。
通常、給与所得や事業収入のある人が本業以外の収入を得たら、原則としてすべて確定申告が必要です。

1.確定申告が必要な人

副業に関して確定申告が必要な人は以下の条件が当てはまる人です。
1.給与を1か所から受けていて、他の所得金額が年20万円を超えている。
2.給与を2か所以上から受けていて、年末調整をしていない給与を含む所得金額の合計が、年20万円を超えている。

2.確定申告しないとどうなる?

副業の確定申告をしないと、副業で得た収入の額が、居住している市区町村の税務課に伝わり、その収入の住民税の支払い義務が発生します(もちろん追徴税額も発生します)。故意に課税を免れようとする場合には、刑事罰の対象となることもあります。悪意が無くても期限内に申告しなければ、無申告加算税が発生し、期限までに税金を支払わなければ延滞税が発生します。

副業 確定申告 ばれる

副業をして収益をあげると、原則として確定申告しなければなりません。
一方、多くの企業では従業員の副業を禁止されています

1.会社にバレてしまうのか?

結論からいうと、会社にバレてしまう可能性があります。
副業収入を確定申告すると、給与以外の収入に対する住民税の課税金額が会社に通知される結果、副業が会社にバレてしまいます。

2.バレない為にはどうすればよいのか?

副業しても、収入から必要経費を引いたが金額が年間20万円以下であれば確定申告は不要です。20万円以上の場合でも、確定申告の際、住民税の徴収方法について「自分で納付」を選択すると会社に通知はいかず、会社にばれずに済むことがあるようです。

ただし、100%確実とはいえないとも言われています。
どうしても会社に通知をされたくないという場合は、市区町村役所に事前に相談に行くことをお勧めします。

なお、経費や控除額によっては確定申告が不要なケースもあるので(その場合は当然バレない)、いずれにしても帳簿を把握しておくことは大切です。

⇒経費や控除できる内容を確認しよう

 

 

© 2016 確定申告 rss