⇒お金をかけず、自分で簡単に確定申告をしちゃいましょう♪

確定申告 経費

確定申告では、事業を行い収入を得るために必要な費用は「経費」として申告することで節税になります。経費となる項目は以下の通りです。

<経費>

・租税公課 ・旅費交通費 ・修繕費 ・外注工賃・荷造運賃
・広告宣伝費 ・消耗品費 ・利子割引料 ・水道光熱費
・損害保険料 ・減価償却費 ・地代家賃代 ・通信費
・福利厚生費 ・給料賃金 ・貸倒金


<経費にならないもの>

・事業主の給料 ・事業主自身の健康診断費用
・敷金 ・事業と無関係の費用
迷う例をいくつか挙げてみます。


<経費>

・荷造りに使用する箱・ひも・梱包材等 ・事業に自宅を使っている場合の家賃
・携帯電話代 ・ストーブの灯油代 ・交通費
・プライベート・事業兼用の車のガソリン代 ・名刺
・取引先との忘年会の費用 ・セミナー参加費
・カフェで仕事をした場合の飲食費


<経費にならないもの>

・スーツ ・メガネ ・生命保険料の費用 ・仕事での怪我による医療費


ポイントは、「事業のためにかかった費用かどうか」です。

確定申告 控除

個人事業主が確定申告する際は、控除が認められており控除が大きいほど所得税が少なくなります。
所得控除のうち主な項目は以下のとおりです。


1.基礎控除:だれでも一律に受けることができます。
2.医療費控除:納税者本人または配偶者などのために医療費を支払った場合
3.社会保険料控除:納税者本人または配偶者、その他の親族の「社会保険料」を払ったとき
4.生命保険料控除:納税者本人が生命保険料や介護医療、個人年金保険料を支払った場合
5.勤労学生控除:納税者本人が所得税法上の勤労学生であること
6.配偶者控除:納税者本人に所得税法上の控除対象の妻や夫がいる場合
7.配偶者特別控除:配偶者が「配偶者控除」が受けられないときでも、配偶者の所得金額に応じて、所得控除が受けられます。
8.扶養控除:納税者本人に所得税法上の控除対象扶養親族がいる場合
9.青色申告特別控除:青色申告者のみ

漏れがないように気をつけてくださいね^^

 

© 2016 確定申告 rss